合宿免許の卒業保証とは

合宿免許は、自宅からドライビングスクールに毎回通学するのとは違って、一か所に泊まり込みをして運転免許の取得をめざすものです。

そのため、ドライビングスクールに入校してから卒業するまでの、すべての日のカリキュラムはあらかじめ決められており、卒業にかかる標準的な日数も明示されています。


合宿免許を受講する多くの人は、この卒業までの標準日数の範囲内で、実際に卒業できていますが、たとえば仕事のつごうで中年になってから免許をはじめて取得することになった人や、もともとスポーツなどが苦手で運動神経に自信がない人などの場合には、必ずしもこの日数どおりに卒業できるとは限らないことがあります。



合宿免許のカリキュラムには技能教習が含まれていますので、いかにペーパーテストの成績が良かったとしても、この技能教習で与えられた課題をクリアできないようであると、その課題はやりなおしとなり、卒業がそれだけ遅れてしまうのです。
この場合、合宿免許ですので、ドライビングスクールだけではなく、宿泊先のホテルなども延長しなければならないということになります。



合宿免許のプランの一部には、卒業までの保証つきとよばれるものがあり、これは文字どおり、遅れがあったとしても卒業までの追加費用は必要ないというプランになっています。

ドライビングスクールでの教習の追加分の費用がかからないということのほか、ホテルなどの宿泊先についても、日数延長と追加費用の免除がありますので、たいへんリーズナブルであるといえます。



卒業までの日数に不安があるのであれば、あらかじめこうしたプランを選んでおくのもおすすめといえます。


Copyright (C) 2016 合宿免許の卒業保証とは All Rights Reserved.