なぜ今、「合宿免許」が人気なのか

従来からある運転免許取得の方法と言えるものは、自動車学校を利用するものや運転免許センターで試験を受ける一発試験という方法です。


今でも自動車教習所を利用する人の数は非常に多く、運転免許取得の方法と言えば「自動車教習所」という回答がほとんどを占めます。

一発試験の場合、そのシステムや難易度が非常に難しくなってしまうだけでなく、「知らない」という理由で利用者自体はそれほど居ないのが現状です。本質的に言えば、一発試験の方が期間も短く費用も安く済む可能性が高いのでおすすめの方法なのですが、「合格が難しい」という大きな理由が影響して利用者自体は非常に少なくなります。

一発試験で運転免許を取得すると、自動車教習所卒業レベルを遥かに超えた高いレベルで運転技術・知識を身に着けることができます。



その影響で「事故率」も低く抑えられている素晴らしい方法なのですが、難易度の前に途中で挫折してしまう人がいるのも事実です。



そんな中、最近では「合宿免許」という方法が非常に高い人気です。



理由となるのは、合宿免許は一発試験と自動車教習所の間くらいの費用で済み、期間的には最速で卒業することができる可能性が高いからです。

合宿免許の場合、入校から2週間ほどで卒業することができます。

これより短期間で技術講習を修了することは出来ない為、一発試験における平均と同等かそれ以上の短期間で実技試験をクリアすることができます。
費用は安く、期間も短い合宿免許は、その環境から事故率の低下にも良い影響を与えるため、総合的にバランスの取れた方法として多くの人が利用し始めている訳です。

Copyright (C) 2016 なぜ今、「合宿免許」が人気なのか All Rights Reserved.