合宿免許利用の条件について

自動車運転免許を取得しようとする場合、最も一般的な方法としては自動車学校に通いながら勉強をするというスタイルです。
この方法であれば自分のペースで勉強することが出来ますし、学業や仕事との両立も可能です。



そのため最も一般的な選択肢となっています。



しかしその分免許の取得までに必要になる時間は長くなるため、早くても2カ月から3カ月程度は時間が必要になると言えるでしょう。

しかしより安い金額で、より短期間に自動車運転免許を取得する方法があるのです。


その方法を合宿免許と言います。

合宿免許と言うのはその名称が示している様に短期間の合宿によって免許を取得する仕組みのことを言います。

主催しているのは自動車学校ですので基本的には通いの自動車学校と同じようなカリキュラムで進行する仕組みを持っています。

ただ普通の自動車学校と違うのは自分のペースでスケジュールを組み立てることの出来る仕組みではなく、およそ2週間という短期間にギュッと詰め込む形でスケジュールを組んでいるという仕組みを採用しています。



そのため2週間程度の完全に自由になれる時間が確保できる場合においては、合宿免許は短期間で免許を取得できる非常に便利な制度であると言えるのです。

短期集中ということもあり、費用面でもメリットがありますし、合格率という面においても通常の自動車学校の仕組みよりも高くなります。目的意識がはっきりしていますので脱落率が低いのも特徴です。


Copyright (C) 2016 合宿免許利用の条件について All Rights Reserved.